我々が学生時代に釘付けになったことはバドミントンです。

ぼくが学生時代にマニアになったことはバドミントンです。ぼくは高校生時代にバドミントン部に所属していた。中学生年は野球を通じていたが、もっと飽き飽きして他の部活を探していた。元々バドミントンに興味があったわけではないが、バドミントン部に観戦に行ったときに、手早いラリーに魅了されて入部を決めた。ぼくは高校生から始めた駆け出しだったので、周りに近づくためにも精一杯練習した。ジョギング、疾駆、筋トレ、機動・・・どれもこれも思っていたよりもずーっと大変だった。但し至って充実していた。実質、最後のビッグイベントも満足のいく結果は残せなかったが、バドミントンが結構楽しくなっていた。観戦の時に魅了されたラリーが僕たちもできるようになっていた。自分の高校生が男子校だったとして、それに甘んじていたぼくは実質ロマンスというものをすることを無く高校生年を終えてしまったが、バドミントンのおかげでロマンスがなくとも充実した高校生年だったという胸を張って呼べる。http://xn--dckg3bxa6a4b5c9g9gp422adrkpk9r.pw/